今回のメンバーは
FPさん、行政書士の先生、
そして
工務店経営のご夫婦のお二人。
珍しく職業もバラバラ、男女比も半々。
年代はほぼ同年代という
絶妙にバランスの取れた構成で、
ディスカッションも大変盛り上がりました。
エンディングノートに取り組む際の
男女の違いも明確になり、
今後に生かせそうです。
ご夫婦がいらしたので
ご夫婦の意識の違いも浮き彫りに・・・。(笑)

相方はエンディングノートについて、
どう思っているのか
改めて気になりました。
あまり、夫婦でエンディングノート自体を
話題にすることはないのです。

私自身、ナビゲーターさんの前でお話しするのは
(同業の行政書士の先生の前でのことも多いので)
大変緊張するのですが
その分、大いなる気づきや反省があり、
大変勉強になっています。

名古屋一期と言いながら
会場は京都五条。
エンディングノートの仕事をするときは
着物を着ると決めているので、
着物でまいりました。
季節は袷。でも暑いし・・・。
と悩んで結局胴抜きの着物で。
でもやっぱり暑かった!
なによりも着物を着る文化が根付いているので、
変に緊張しました。
笑い話的に「肝試しみたい」と思ったり。

心身ともにプレッシャーも大きかったですが
楽しいセミナーでした。
参加された皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。